明王台学区・総合防災訓練を実施しました。(自主防災会)

11月25日(日)9時から澄み切った秋空の下で、南消防署瀬戸出張所・福山市消防団西分団・明王台小学校の全面的なご協力を頂き、福山市からの避難情報発令を合図に明王台学区・総合防災訓練を実施しました。

本年度は、
①自治会役員以外にも学区内住民の誰でも参加できる訓練づくり
②災害時要支援者(自力での避難が難しい方)の参加募集及び支援態勢づくり
③「黄色いリボン」運動の推進(「我が家は大丈夫」という目印になるリボン)を重点目標として、全住民参加型の防災訓練を目指して実施しました。

参加者総数は169名(内訳:一般住民59名、災害時要支援者・支援者11名・役員参加者82名、消防関係者等17名)でした。

南消防署・消防団のご指導の下で、緊急救命訓練、放水・消火訓練、給食・給水訓練等の緊急時の対応や技能習得に向けて、熱心にまた楽しく学ぶことができました。

福山市の避難情報が9時から30分毎に避難準備・避難勧告・避難指示と段階的に発令され、避難開始のタイミングが分からなかった方もおられ、住民の皆様への周知に課題が残りました。

黄色いリボンまた、「黄色いリボン」の門扉等への掲示は、10時頃の学区内巡回では約2割の状況でした。この運動は災害時に一刻も早く救命活動に取り組むための明王台学区独自の防災活動です。今後の防災訓練時の定着や実際の災害時の活用に引き続きご協力をお願いします。

Microsoft Word - 2018総合防災訓練HP原稿11.28.doc

明王台学区自主防災会・「総合防災訓練」実施のお知らせ

明王台学区 住民の皆様へ
明王台学区自治会連合会 会長 土井 勇
明王台学区自主防災会 会長 河原 高弘

日頃より明王台学区自治会活動及び自主防災会活動にご協力を賜り、誠にありがとうございます。
さて、今夏は大阪府北部地震・北海道地震、さらに前例のない西日本豪雨災害・大型台風等の自然災害が発生し、各地で甚大な被害を受けました。避難情報の在り方の問題もありますが、逃げ遅れ等による高齢者が被災することが多く、改めて「コミュニティ(自主)防災」の重要性が指摘されています。
本年度の「明王台学区総合防災訓練」は添付資料のように全住民対象として、災害時要支援者(自力での避難が難しい方)の避難支援訓練を含めて実施し、今後の地域の防災活動に繋げたいと考えています。
つきましては、防災訓練の趣旨をご理解いただき、多数の住民の皆様方のご参加をお願い致します。

※添付資料(各ご家庭にも配布されます。)
避難訓練案内2018.9
防災訓練・被災想定箇所2018

 

夏まつりの準備が始まりました

夏まつりは予定通り行われます。

なお、片付けは明日朝の予定でしたが、台風接近のため、今晩の夏まつり終了後、ただちに行うことになりました。

関係者の方、よろしくお願いいたします。

明王台公民館だより255号が発行されました

明王台公民館だよりが発行されました。

7月28日には夏祭りが開催されます。
毎年恒例の明王台音頭、炭坑節に加えて、今年は「ダンシングヒーロー」も踊るそうです。小学校でも練習が始まっているということで、とても楽しみです。
何年かお休みしていた「カラオケ大会」も復活します。参加者を募集していますので、歌が好きな方はぜひ応募してください。
屋台では「カレー」が初登場。数に限りがありますので、お早めにお買い求めください。

カテゴリー欄が全て埋まってしまうほどの、明王台学区全体が関わる一大イベントです。
年に一度のお祭りを楽しみましょう!